2017年08月15日

争から競へ〜終戦記念日を想う〜

8月15日 終戦記念日。
辛く長い戦争が終わった日。
私が生を受け、この日本で生き続け、何度となく夏を過ごし、
戦争の恐怖に触れる機会は結構合ったと思う。
でも、
2017年の今、そういうことを次の世代にちゃんと伝えているかは
自信がない。

伝えたいと思うことがあるうちは
小さな小さな思いでも、行動しないと伝わらないから、
感じたことを伝えていきたい。

先日のモーニングクロスの中でゲストの方が
「争 から 競へ」という提案をされていた。
   争う・・・自分の主張を他者と争い、勝ちとる。

   競う・・・皆と手を取り合って上昇していこうという意味だそう。

誰かを落として、自分が前に出るような力と力のぶつかりあいを
し続けるのではなく、
互いの持っている力を一緒に互いを高め合っていく。
それが競の意味。

なんて素敵な考え方なんだろう。。

誰かを傷つけ、蹴落とし、自分さえよければいい、
力のあるものが<勝ち組>と言われたり、
結果が伴わないものは全て、NGという考え方は
強さを強調する反面、とても息苦しい。

もっと自由に、自分らしく、周囲と戦うのではなく、
共存していく。争うのはなく、競う。

競争って勝ち負けって思いがちでしたが、
そんな風に勝手に思い込んでいたと
新たな発見だった。

そういえば、娘は強化選手になった頃、よく言っていました。
「私は競泳をしたいわけじゃない。毎日水泳がしたいだけ」
彼女は水泳を通じ、争うことにあまり、興味がなかった。
(と言っても、すぐにタイムを出すという気持ちに集中しましたが)

競泳生活をやめて半年。
彼女は今、競う中で出会った仲間と泳いでいる。

思いはまっすぐに繋がっているんだなと
つくづく感じる。
どんな時も、争うのではなく、競う精神で生きていきたい。
そして、
この平和を大事にしていきたい。

IMG_1384.PNG


posted by 吉田紀子 at 16:07| Comment(0) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

過保護と境界線〜過保護のカホコさんを見ながら感じたこと〜

ようやく、「過保護のカホコさん」を見ました。
親が子どもを徹底的に過保護に守り続ける様子を
あ〜〜同じだ、とか、あ〜やりすぎだとか茶々入れながら見ています。

そして、思うこと。

子どもを育てる親たちもまた、
親になるのが初めてで、
それこそ必死で子どもの幸せを願い、
あれこれ、色々考え、感じ、
口出しているんだなってこと。

言葉って人によっていろんなイメージを
勝手に想像しちゃいます。
「あの子にいじめられた」と言われれば、
<いじめ>がどんなものなのかが気になっちゃう。
子ども同士の喧嘩の延長なのか、
ニュースに出るような厳しい現状なのか。
大人は情報量が多く、想像しやすいせいか、
どうしても最悪のことを想像して、
なんとかしなくては!と立ち上がってしまいます。
でも、実はそこまで深刻ではなかったりするのです。

<子どもの喧嘩に親は立ち入ってはいけない>
そんな昔ながらの常識は今、どこまで通用するのか、わかりません。

過去の常識を盾に、子どもたちの新しい世界を受け入れないのは親の私たちのエゴだったりする。
どこまで立ち入るか、その時の親の判断って
結構、キワキワだなって思います。

だから、いつも気になっているのは境界線をどこに置くかってことなんです。

私は、結構な過保護で、入るべきでない境界線をさっさと乗り越えて
彼女に色々言い続けたのは、やっぱり転ばぬ先の杖って感情があったからだと思う。
残念ながら、予想をはるかに超えた娘の行動に
いつも振り回されているのは私の方でしたが。。。。

そもそも、どうして自分のダメな母親っぷりを
こうして、人に伝えているのかといえば、
親子で楽しい時間を過ごせるのは
わずかな時間しかないって
今ならよ〜〜くわかるからです。


親って案外、子どもの可能性を潰しちゃてるなと
自分を含めていつも感じてきて、
それもやっぱり境界線をどこで引くかに
関わってくる。

子どものためにアレコレ情報を集めれば
集めるほど、自分の知識が深くなり、
イチオシはこれだ!なんて自分の意見が
先走り、知らずにそれを強要してる。

反対に自主性を重んじて
口を出さないようにと自分に言い訳して、
助けを求める子どものことを
無視してしまうこともあったりする。

違いが爆発するのは、
そんなチグハグな行動に
違いが疲れてしまうから。

とはいえ、この境界線、なかなか自分では
線が引けません。
子どもを、信じて踏み込まない。
それってやっぱり
親の強いエネルギーだなぁ〜と感じつつ
これからも、楽しんでドラマを見たいと思うのです。

それにしても、カホコは可愛いなぁ。
うちの子もあれくらい可愛かったらなぁ〜。


過保護のカホコ」毎週水曜日午後10時〜
日テレ系で放送中!

DBBE7127-3E1F-41AA-950F-E1636066D960.jpg

画像は娘の最初の夢の国だった近所の公園!




posted by 吉田紀子 at 12:04| Comment(0) | ドラマ好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

無心になる

風が氣持ちよく、過ごしやすいある日の休日。
どうしても行きたくて
電車に飛び乗った。

そこはいつもの通り
穏やかで、気持ちのいい空間。
IMG_1137.JPG

ひと息入れたら、

店主とおしゃべり。

それもちょうど時期だからと

梅のお手入れをしていたところ。


梅を拭いて、空気の穴開けて

梅の芽を取っていく

56A2FB2F-D660-4E27-A22B-DFDA664A9530.jpg
店主であり、料理人であり、母である
彼女は話しながら、手を休めず続けていく。
私は手作業を間違えずにやるのが精一杯。

「無心になるでしょ?」

ホントだ。
多少、おしゃべりしてはいたものの
サクサクと作業を続けていくと
この上ない空っぽな感覚が広がってくる。

あーいいなぁ〜。
日常の中でこんな風に無心になれるって
氣持ちいい。

旬のものは天気同様、
私たちに季節を感じさせてくれる。
五感を磨こう!と思って活動するよりも
無心になることをすればいい。

日頃、家事をしていないから
気がつかなったけれど、
日常の中に無心になれる事が
たくさんあるということに気がついた。
IMG_1139.JPG
posted by 吉田紀子 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

小さな虫刺されでも… 〜小林麻央さんを想う〜

夏至を過ぎ、夏が到来し、
朝の散歩は極力早めのスタートに。
アスファルトの熱さは想像以上だから、
外好きの愛犬も暑くて尻込みしちゃう。

なるべく土の上を歩きたい。
でもそれは、私にとっては覚悟が必要。
大敵なのは「虫刺され」

先月の入院はリンパ浮腫の合併症、
そもそものきっかけは虫刺されでした。
浮腫んだ足ではちょっとした毒をその場で
止める力が弱くなっちゃうから。

ガンは今は身体から無くなったけれど
ガンに居なくなってもらうためにしたことで
小さな不自由はたくさんある。

日常で気をつけなければいけないことも
たくさんある。
忘れて過ごせば、逆襲に
振り回される。
しまった、やっちゃった!と 思い、
身体に謝り、無鉄砲な自分に呆れることも
多々ある。

でも大丈夫。

不自由になっても不幸じゃない。

ガンの威力で肉体を蝕まれても
自分の生き様を伝え続けた彼女は
ガンに関わった全ての人の
思いを表現し、励まし続けて居たと思う。

旅立った彼女の想いを忘れずに
生きている自分を大事にしたい。
どんな時でも笑顔でいる
ぶれない自分で居られるように。

不自由でも不幸ではない。
生きていることは
何よりありがたいことだと思ってる。
IMG_1147.JPG
posted by 吉田紀子 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

夜道を歩く

最近は娘が愛犬の散歩をしてくれる事が多かったのですが、
今夜は私が行くことにしました。
意図的に、歩く距離を増やさないと、足の筋肉回復は
まだまだ実感できない感じ。

入院中はすでに眠っていたこの時間、
犬と歩く夜道は眩しかった。。

これからの季節、涼しいぐらいの夜の時間は散歩しやすいです。

まだ、大学生の時、ボランティアで発達障害の子供たちとともに
夜に街を思い切り歩いた事がある。
夏休みの合宿で浅草から羽田まで船上で移動し、羽田から北区まで
歩いて帰宅する。
60キロを歩いて帰るのは子供はもちろん、私たち大学生でもなかなかハードだった。
いつまで歩くのかわからない不安と足腰が持つのだろうかという恐怖で
震えながら、しっかり歩いている子供たちの運動能力に感動した。
発達障害とはいえ、日頃の鍛錬から、小学生で6時間。
中学生は3時間で歩ききった。
私たち大学生は2回、同じコースを歩いた。
ボランティアとしては、先生たちは子供たちの指導に回る。
だんだん動けなくなって自己主張する子供たちの対応をしている間、
普通に歩く他の子のサポートをするのが私たちの役目でした。

2回目は1回目と違い、なんというか心の余裕が違って周りを見渡すゆとりもありました。
なんて明るいんだろう。。。深夜の時間帯。街は夜だというのにあかりがたくさん。
そして、燈の周りには多くの人が働いていました。
道路工事の人、お店を経営する人、築地に向かう人たち、、、、
大勢の働く人たちの姿を見て、私もいつかこんな風に働くんだなと思った夜でした。

あれから30年。。。
夜の散歩をすると、街をやっぱり見渡してしまう。
今夜も大勢の人が働いているんだなあ。。。

IMG_3003 2.JPG
posted by 吉田紀子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする